奈良 生駒市の賃貸マンション 共用部の植栽剪定

植栽剪定作業

こんにちは!

大阪の天神橋筋六丁目で賃貸管理とビルメンテナンスを行っている株式会社トライアスです。

今回は弊社が管理している賃貸マンションで植栽剪定作業がありましたので、ご紹介いたします。

最近植栽剪定の記事が続いておりますが、時期柄、という理由が大きいです・・・。

 

伸びた草が及ぼす悪影響について

前回、外観の美しさについては少しふれましたので、今回はそれ以外のところについて。

弊社の管理物件で実際にあった話として、植栽や雑草などの草木が伸びっぱなしで放置されていると、虫が、増えます。

なんだ虫かーと思わないでくださいね。他にもハチの巣が作られやすくなってハチが増えたり、場所に寄ってはヘビが出没したりもします・・・。

これらは全て入居者からのクレームに繋がり、その対応で時間もとられますし、場合によっては駆除や忌避剤散布などの費用も発生します。

実際に、先日ヘビの出没情報が入居者から寄せられ、忌避剤を購入しましたので、近日、散布の様子と含めてご紹介させていただきます。

 

植栽剪定の様子をご紹介します

今回は奈良の生駒市にあるこちらの築浅賃貸物件になります。弊社で1棟管理を受託しています。

モンパルクいこまⅠ 賃貸管理物件

 

こちらの駐車場として使っているスペースの植栽がかなり伸びていました。

植栽剪定前

一言で言うと、草ボーボーという状態ですね。これでもか、というくらいの生命力で生い茂っています。

事前に駐車場の区画を借りている方には、作業日だけ移動していただいています。

この日はあいにくの雨でしたが、再び車の移動を含めた作業日設定をするのは手間だったことと、比較的小雨だったので決行しました。サムネイルの写真でレインコートを着ているのはそのためです。

植栽剪定作業

機械で刈れる部分と手で刈り取る必要がある部分とが混在していましたので、中々思うようには進みませんが、根気強く進めていきました。

 

植栽剪定後 植栽剪定後

おおむね3~4時間でここまできれいになりました。

植栽剪定後

拡大するとこんな感じです。雨だったので、刈った草の除去が完全にはできませんでしたが、別日で晴れた日にまた様子を見に行く予定になっています。

記事を書いている私も作業に参加していたため、手が泥だらけになり、写真がとれていませんが、変に伸びている木の枝を揃えたりといった作業も行いました。

しかし、植物の育つ速度は恐ろしいものがあります。こちらは半年前にも一部剪定をした現場でしたが、あの伸びっぷりです・・・。

ある程度の緑は景観のため必要ですが、一部を砂利にしていく方法も選択肢としてありますので、オーナーによってはご提案もしています。

まとめ

建物の外観をきれいに保つことは資産価値の維持向上につながります。

今回はその一環としての植栽剪定や雑草除去の作業をご紹介いたしました。

ビルメンテナンスや各種清掃作業、各種点検作業って実際はどんなことをしているのかわからないオーナー様も多々いらっしゃるのが現状です。

こうした実例を数多く載せることで、賃貸建物管理に対してオーナー様に安心とご理解をいただければいいなと思っております。

もし弊社に物件管理のご相談や、植栽剪定や清掃関係のお悩み相談をしたい、と思った方はお問い合わせボタンからお気軽にご相談メールを送信してくださいね!