マンション共用部・電力切替の削減事例紹介(見積もりから請求までのスケジュール感)

ビル・マンションの電気

こんにちは!

大阪市の天神橋筋六丁目で賃貸管理やビルメンテナンスを行っている株式会社トライアスです。

今回は電力自由化に伴う電気小売サービス「トライアス電気」の切り替え案件のご紹介をいたします。

不動産業界、賃貸管理業界はどうしても「今までと同じ」を守る保守的な傾向が強く、新しいサービス・ビジネスに対しての警戒心が強くあります。

「電気の切り替え気にはなっているけど、会って詳しい話を聞くほどなのかなぁ」という方もいらっしゃるため、詳しい切り替え実例をご紹介していきます!

電気料金の見積もりから申し込みまで

一般的に電気の切り替えは手続き完了まで時間がかかります。正確には初請求までに時間がかります。

「削減額のシミュレーション(お見積り)→申し込み→次回検針日の区切りで切替、新電力の使用開始→翌検針日までの使用分が翌月~翌々月に請求」

高圧や低圧など、既存のご契約によって異なりますが、お見積りから最初の請求書が届いて安くなったことが実際の数字に現れるまで、1ヶ月半~3ヶ月程度かかります。

・・・・・・と書いても、なかなかイメージわかないと思います。

なので、今回はスケジュールを細かく書きながら事例紹介いたします!

切り替え事例のご紹介-賃貸マンション共用部

大阪府大東市の賃貸マンション共用部を電力会社切り替えした実例をご紹介いたします。

【物件概要など】

4階建て賃貸マンション。エレベータあり。低圧電力と従量電灯Aの2契約。

廊下電灯のLED化はまだされていませんでした。

電気代の請求は管理会社に通知がきているが、切り替えについてはオーナー様での判断。

※一般的に、低圧電力がエレベーターやポンプなどを機械に使われており、従量電灯が廊下や敷地内の照明に使われていることが多いです。

【年間使用料】

低圧電力:17万円くらい

従量電灯A:18万円くらい

【実際の切り替えまでのスケジュール】

お見積り依頼:3月中旬頃

お見積提出とご説明および検討:4月上旬

お申込み:4月中旬

電力会社の切り替え手続き後、トライアス電気開始日:5月中旬

初請求書送付:7月20日頃(5-6月分使用料の請求)

【トライアス電気での削減額】

低圧電力・従量電灯Aの合計で年間 約28,000円の削減になりました。約8%の削減です。

こちらの賃貸マンションのオーナー様はご説明の段階で切り替えはすると断言いただき、

地域電力会社様との相見積もりがあり、当社の削減額が上回ったのでスムーズに切り替えいただきました。

その後、管理会社様に請求の関係を確認し、スムーズに料金引き落としも開始しております。

 

高圧の電力になると、大手様の価格に勝てないこともよくありますが、

低圧系だと薄利でオーナー様に還元している当社の方が安くご提案できることが多いかな、と実感しています。

まとめ

簡単にですが、トライアス電気への電力会社切り替えの事例とスケジュールイメージをまとめました。

これからも定期的にいろんな契約のご紹介をしていく予定です。

もし当社に電気代削減のご相談をしたい、と思った方は右のお問い合わせボタンからご相談メールを送信してくださいね!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

トライアス電気 担当:中谷